和らぎニット 紀州肌着 オンラインショップ

本当に温かい
本当に快適な肌着を求めて

紀州肌着は、ニット産地・和歌山県(紀州)の信和ニット株式会社が、ニット生地製造メーカーならではの視点で「本当に快適な肌着とは?」を追求し、誕生した日本製の肌着です。

柔らかな風合いとストレッチ性に優れたこだわりの生地は、体をやさしく包み込み、着ていることを忘れるほどの心地よさです。
身につけるだけで、心が「和らぐ」、体が「和らぐ」そんな「和らぎ」を大切にしています。

生地設計、編み立て、染色、起毛、パターン、裁断、縫製など、全ての工程を日本の工場で行っています。
それぞれの分野において経験豊富な職人の熟練の技術が活かされています。

丁寧なものづくり、そして安心のものづくりのため、紀州肌着は「日本製」にこだわります。

なぜ「紀州」なのか?

明治時代より培われた
和歌山の高度なニット製造技術

紀州肌着は、山と海に囲まれた自然豊かな和歌山ニット産地生まれ。何故和歌山?と思う方もいるかもしれませんが、実は和歌山は日本の有数のニット産地なのです。和歌山ニット産地は、明治42年(1909年)、和歌山市小野町に導入された5台のスイス製の丸編機が起源で、その後、生産は急速に拡大。大正8年(1919年)には丸編ニット生地の生産シェアにおいて大阪を抜いて全国1位になりました。現在も、丸編ニット生地生産(国内生産)の約37%を和歌山が担っており、全国シェア第1位(※)を誇ります。(※出所:経済産業省 製造品に関する統計表(平成26年工業統計表「品目編」データ))

脈々と受け継がれる、
ものづくりの心と技術

信和ニット株式会社は、1964年(昭和39年)和歌山市で創業。編機120台を保有し、ニット生地作りのプロ集団として、半世紀以上にわたり、そしてもちろん現在も、インナーメーカー様向けに生地を開発し、そして供給し続けています。「信頼されるモノづくり」をスローガンに、現場、スタッフ一同日々努力しております。
でも、生地の良し悪しだけで商品の価値は決まりません。お客様が本当に求めているものとは何か?そのために生地作りのプロ集団として、何を、どうすればいいのか?その答えを探す旅に出たくなり、サイトを立ち上げ、お客様と直接対話を積み重ねーそうして生まれたのが紀州肌着です。

紀州肌着
Made in JAPAN へのこだわり

紀州肌着は、信和ニットで編んだ生地を国内の染工場で染色し、国内の縫製工場で縫製・検品しています。生地設計、編み立て、染色、起毛、パターン、裁断、縫製…これらの領域はどうしても経験豊富な日本人の職人に委ねたい。丁寧なものづくりのため、そして安心のものづくりのため、紀州肌着は「日本製」にこだわります。

会社概要

会社名 信和ニット株式会社
本社 〒641-0011 和歌山市 三葛130
TEL 073-444-4151(代) FAX 073-445-2351
大阪営業所 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-2-10 南本町エクセルビル601
TEL 06-6245-1332(代) FAX 06-6245-0541
取扱品 インナー用途を中心とする丸編ニット生地
設立 昭和39年6月 名草メリヤス(昭和4年創業) 富士メリヤス(昭和23年創業)
       
本郷メリヤス(昭和9年創業) の3社統合により設立
資本金 5,000万円
編機台数 128台(2019年1月5日現在)
従業員 36名
取引銀行 紀陽銀行紀三井寺支店 りそな銀行和歌山支店 商工中金和歌山支店

TOPへ戻る