和らぎニット紀州肌着について

日本有数のニット産地「和歌山県」生まれ!

紀州肌着は日本有数のニット産地「和歌山県」のニット生地製造メーカー、信和ニット株式会社が開発した肌着(ニットインナー)です。

和歌山県のニット産業は、明治42年(1909年)、和歌山市小野町に導入された5台のスイス製の丸編機が起源で、その後、生産は急速に拡大。大正8年(1919年)には丸編ニット生地の生産シェアにおいて大阪を抜いて全国1位になりました。現在も、丸編ニット生地生産(国内生産)の約37%を和歌山が担っており、全国シェア第1位(※)を誇ります。(※出所:経済産業省 製造品に関する統計表(平成26年工業統計表「品目編」データ))

丸編みニット生地の国内生産シェアNo.1

参考:和歌山ニット商工業協同組合ホームページより

丁寧。安心。「日本製」へのこだわり。

紀州肌着は、信和ニットで編んだ生地を国内の染工場で染色し、国内の縫製工場で縫製・検品しています。

生地設計、編み立て、染色、起毛、パターン、裁断、縫製…これらの領域はどうしても経験豊富な日本人の職人に委ねたい。丁寧なものづくりのため、そして安心のものづくりのため、紀州肌着は「日本製」にこだわります。

生地の写真(葡萄色)

紀州肌着「温」シリーズ(綿混)の生地

紀州肌着製造販売プロジェクトは、
和歌山県 産業表彰制度事業「わかやま1社1元気技術」(2010年)に登録されました。
和歌山県 「わかやまブランド力強化支援事業」(2010年〜2013年)に認定されました。

人気の紀州肌着「温」シリーズ ー「温」もりと「着心地」の両立。

「温」かさを「保つ」。当社はその保温力=保温率がどれだけ高いかが、その防寒肌着の決め手であると考えています。
紀州肌着「温」シリーズの保温率は、当社が製造する一般的標準防寒肌着の保温率が15〜20%に対し、紀州肌着の綿混タイプで38.6%、保温率の高い極厚地タイプ(紳士)では42.1%。
つまり、紀州肌着「温」シリーズの保温率は当社が製造する一般的標準防寒肌着と比べて2〜2.5倍。だから、温かさが違います。

保温率比較図

両脇に縫い目がない「小寸丸仕上げ」

紀州肌着は、小寸丸編み機という機械を用いて、S 、M 、L 、L L とサイズ別に筒状に編まれた生地を使用することで、肌着の両脇に縫い目がなく、本来ニット生地自身が持つ伸び感とフィット感を最大限に活かしています。

小寸丸編み機

サイズ別に編み立てする小寸丸編み機

生地の伸び

丸編みニットならではのこの伸び感が、心地よいフィット感に

空気をふんだんに含むバルキー糸 +イタリア式起毛。

紀州肌着の肌側は、空気をふんだんに含むバルキー糸という特殊な糸で編んだあと、イタリア ランペルティー社の機械で密度の濃い起毛加工をしているので、温かい空気を溜め込みやすく逃がしにくくなります。保温性が高いだけでなく、とてもやさしい肌ざわりです。

密度の濃い起毛

イタリア ランペルティー社の機械による、密度の濃い起毛加工

商品3点

紀州肌着の肌側。うぶ毛に包まれるような気持ちよさです。

肌への当たりを軽減するフラットシーマ縫製で「ストレスのない着心地」

腕の下や股下など、縫い目が当たって気になる部分は、フラットシーマという特殊なミシンで縫製。縫い目が膨らまず、肌への当たりを軽減します。

フラットシーマ縫製

肌当たりが少ない、フラットシーマ縫製

進化するブランド紀州肌着

2010年 紳士用の肌着から始めた紀州肌着も おかげさまで今年で9年目を迎えました。
2011年 ロゴとパッケージのデザインを一新し、婦人肌着の販売を開始。
2012年 婦人用のカラーバリエーションを充実。また、温かさ重視の「極厚地」モデルが登場。
2013年 腹巻きの販売を開始。
2014年 肌側にコットンをブレンドしたタイプの生地を開発。
2015年 おなかをすっぽり包む腹パンの販売を開始。
2016年 婦人綿混タイプに新色登場。紳士肌着を全面リニューアル。
2017年 婦人7分袖、5分丈ボトムが登場。
2018年 婦人ベストが登場。

紀州肌着は、お客様のニーズにおこたえするため、ニット生地製造メーカーとして培った技術を駆使し、進化を続けてまいります。

  • 紳士肌着
  • 婦人肌着
  • 腹巻き
お電話でのご注文